トップページ世界の食情報>オーストラリア

世界の食情報【オーストラリア】

YumikoBeeさんのオーストラリア・ブリスベンからのレポートです。

←レポーターの紹介はこちらをクリック

12月になると巷ではクリスマス料理を何にするかという会話がよくもたれます。オーストラリアには移民が多いと全前回書きました。移民は世界各地からの出身なので、信じる宗教も多様です。それでもオーストラリアの国教はキリスト教なので、25日のクリスマス、26日のボクシングデイは国民の休日です。宗教は違っても、信じる宗教があっても無くても、これを機に家族と美味しい料理を分かち合って過ごすというのが、主流なようです。オーストラリアのクリスマスは日本のお正月のようなものです。ところが違っても家族と過ごす時間に、美味しい料理が引き立て役になるのは、共通のようです。 クリスマスに何を食べるか、というのは、各家庭によって違うものですが、定番もあります。オーストラリア人はバーベキューが大好きです。公共の公園や、海岸沿いの公共の場所には、しばしば無料のバーベキュースタンドが設置してあります。それに、家庭用バーベキュースタンドを一家に一台持っている例がほとんどです。ソーセージや、牛ステーキ、羊のチョップスを焼いたり、海鮮ではバナナエビを丸焼きにしたりします。料理法はとてもシンプルですが、野外で、皆で楽しみながら調理すると美味しさが格段違うのだそうです。 その他にも、屋内料理では、クリスマス定番のロースト料理も逃せません。肉の選択はそれぞれですが、人気なのは、牛肉、羊肉、鶏肉で、時々ダックや、クエルの丸焼きを見かけることもあります。ロースト料理はよく、根菜類(ジャガイモ、人参、ビートルートなど)や、タマネギ、カプシカムなどの色とりどりの野菜と一緒にいただきます。 私は、子供の頃、クリスマスにはサンタの形をした砂糖菓子の乗ったショートケーキを食べた思い出がありますが、オーストラリア人からは(特にイギリスからの移民の人たちは)ミンスパイ、クリスマスプディング、トライフル、パバロバを食べるのが楽しみだったと聞きます。ミンスパイ、クリスマスプディング、トライフルはヨーロッパでも定番ですが、パバロバはオーストラリア(とニュージーランド)独特のお菓子です。パバロバは焼きメレンゲの上にホイップ生クリームと果物を飾ったお菓子で、胃に重たい傾向のあるクリスマス料理の後に食べるには最適のデザートのようです。 ちなみに 、私の家では今年はローストダック、野菜、ガーリックトーストをメインに、お姑さん秘蔵レシピのパバロバをデザートにする計画です。皆さんも、美味しい料理を囲んで、良いお年をお迎えください!

ブリスベンの市場

ブリスベンの市場紹介

私の住むブリスベンは、オーストラリアの東海岸で、大陸の端から端までの約中程の距離に位置し、気候は温暖湿潤です。オーストラリアは南半球にありますので、季節は日本の正反対です。
ブリスベンには沢山の路上市がでます。週日に開催される市もありますが、週末にでる市がほとんどです。今月は、そのうち、ブリスベンで唯一の有機野菜、有機畜産の路上市、ノーゼイマーケットを紹介したいと思います。

 


ノーゼイマーケットは、有機農業の資格を有す、ブリスベン近郊の 出店者で構成され, 毎週日曜日の朝、川沿いの北部郊外で開催されます。野菜、キノコ、肉、コーヒー、蜂蜜、乳製品、スパイスなどの食品素材から、有機綿で作った衣類、ジュース、販売される素材を使った小料理を提供するカフェがおもな出店者です。
ブリスベンは今初夏です。キュウリやナス、トマトなどが出始めるなか、菜っ葉もまだ揃っています。ブリスベンには(オーストラリアの各都と同じく)世界各国の移民が生活しています。野菜の品揃えは、それぞれの出店者によって異なります。たとえば、亜細亜系の出店者であれば、パクチョイを始めとする葉菜が豊富です。キノコの出店者はマッシュルーム各種、ポートベロ、ポウチーニから椎茸まで揃えています。スパイスの出店者は色とりどりの香辛料を揃えています。どこの出身でも、それなりの食材が揃うように自然に工夫がされているように思います。
食品のレイアウトは、また自然で、大きな段ボールやカゴ、プラスチックのコンテナなどに食材が並び、価格はキロ単位で表示されるのが普通です。好きな食材を好きな分量で選び、ストールの一角に設置されたレジで清算します。
ノーゼイマーケットはサステイナビリティーの実践を志しています。ストローや、テイクアウェイコーヒーの蓋など、無くても困らないものの廃止、カフェで使用するカップや、お皿はリサイクル資材か、堆肥に使用できる資材を使用しています。また、販売される肉や野菜は、なるべく環境に負担をかけない、温室効果ガスをなるべく出さない農(畜)業を実践する農家から直接購入、または、農家が直接販売しています。販売者と会話を持つことで、食卓にあがる食べ物がどう作られてきたかということも学ぶことができます。


マーケットと隣接している市民農園では環境に優しい野菜作りの講座も開かれています。食べ物を通して、環境に優しい都市生活も学べるノーゼイマーケットは新しい路上市のあり方も提示する、革新的な市場といえます。

(((サンテのひとりごと)))

安心安全の食品、環境を考えた市場は、いろいろなところであるかもしれませんが、市民農園が隣にあって野菜の作り方まで教えてくれるというところはなかなかないかもしれませんね。日本の市民農園というと自治体が農地を区切って貸し出すだけで終わっているところが多いですが、作るところから消費者に届くまでの一連の流れが見えてそれぞれが対話できるというのはYumikoBeeさんもおっしゃられているように新しい路上市の形だと思います。(今井雅浩)