トップページアクセス>扶桑町

料理教室を扶桑でお探しの方・扶桑にお住まいの方へ クッキングスタジオサンテ

扶桑町から料理教室クッキングスタジオサンテまでのアクセス

犬山線のクッキングスクール

扶桑町からお越しの生徒さんもたくさんいらっしゃいます。扶桑町から名古屋方面に通勤通学されている方でしたら、岩倉駅で途中下車していただければ気軽に通っていただける料理教室です。

北名古屋市クッキングスクールイメージ【各駅からサンテまでのアクセス】 サンテは駅から徒歩1分のところにあります。

名古屋方面から
   《名古屋 駅》   名鉄犬山線犬山方面 特急で 約11分
  《上小田井駅》   名鉄犬山線犬山方面 急行で約7分
  《西 春 駅》    名鉄犬山線犬山方面 急行で約4分
岐阜・犬山方面から
  《犬 山 駅》    名鉄犬山線名古屋方面 特急で約14分
  《江 南 駅》     名鉄犬山線名古屋方面 特急で約6分
  

扶桑町について おすすめスポット・郷土料理・グルメなど

【扶桑町の概要】

扶桑町は愛知県の西北部にあり、東は犬山市、西は江南市、南は大口町、そして北は木曽川を
へだてて岐阜県各務原市に接しています。土地はおおむね平坦で北に高く、南にやや低く、総面積
11.18平方キロメートル、濃尾平野の一部をなしている田園地帯です。
町内には古墳もあり、古くから人が住んでいたようです。400年程前の木曽川堤防がなかった時代には、
木曽川はたびたび氾濫をおこし、祖先たちは水害と戦いながら、必死に生きぬいていたのだろうと想像で
きます。
木曽川堤防の完成後は、時折水害にあいながらも繁栄し、江戸時代は尾張藩に属していました。
明治39年高雄村、山名村、豊国村、柏森村が合併して扶桑村となり、養蚕、生糸の集散地として
発展し、昭和27年8月に町制を施行しました。
かつて養蚕業が盛んで桑畑が多く「桑によって扶養される町」であることから町名は付けられました。
最近は名古屋市のベットタウンとして人口が増加傾向にあります。名鉄犬山線が町の中央を通っており
扶桑駅から名古屋への交通の便は恵まれています。

【扶桑町の特産品】

(守口大根)
守口大根は江戸時代に中国から伝わり、お漬物として大名に献上されていました。守口大根は、
細長いのが特徴で普通直径2〜3cmで長さは1m20cmに成長します。長いもので1m80cm以上に
なるものもあります。これは世界的にも珍しい大根です。品質、形状、傷の有無を厳しい検査を行い
その後、1回目の塩漬に始まり3度、4度の漬かえで味を整えられます。2年余の年月の後、漬物槽の
中で熟成した黄金色の守口漬ができあがり、皆さんの食卓にあがります。

※今後、扶桑町のグルメ情報や特産品、名物など料理に関係することを中心に追加していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

扶桑町のお住まいの方や扶桑町に通勤通学されている方で面白い情報がありましたらサンテ料理教室まで是非教えてください。

クッキングスタジオサンテ岩倉駅前スタジオについて

〒482-0022 愛知県岩倉市栄町2丁目63の2
    電話0587−81-7758
岩倉駅西口から徒歩1分